用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【Special Interest Group】

  • SIG
  • シグ

 Special Interest Group を略して SIG(シグ)という。基本的には、特定のテーマに関心のある人が集まって意見交換するグループ。代表的な SIG として、以下の2種類がある。

 まず、グループウェアやインターネットで運営されている電子会議室。いろいろな会議室があって、それぞれのテーマに関心のある人たちが参加している。そのため、この会議室を SIG と呼ぶことがある。以前、パソコン通信大手の PC-VAN (のちに BIGLOBE へ統合)では、パソコン通信内の電子会議室を、そのまま SIG と呼んでいた。

 もうひとつ、新しい規格などを決めるために複数のメーカーの代表や研究者などが集まって作る SIG がある。コンピュータや情報通信の世界では、次々に新しい規格が登場する。しかし、各メーカーが勝手に開発していると互換性のない技術ばかりになってしまう。

 そこで、同じ技術に関心を持った人たちが任意のグループを作って、その中で意見調整をしたり技術開発したりして業界標準の方式を策定する。そのためのグループを SIG と呼ぶことも多い。

Sの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top