用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【Solaris】

  • ソラリス

 パソコンで使えるユニックス、つまり PCユニックスと呼ばれるもののひとつ。

 ユニックスは主に、パソコンよりワンランク上のワークステーションと呼ばれるコンピュータで使われている基本ソフト。一般のパソコンユーザーが使うケースは少ないけど、大学や研究所などでは広く使われている。

 で、ユニックスは一般的にはワークステーションで使うんだけど、中にはパソコンに組み込んで使えるものもある。それを、PCユニックスと呼んでいる。代表的なものとして、ソラリス(Solaris)のほかに、リナックスやフリーBSD がある。

 ただしソラリスには、リナックスやフリーBSD とは大きく異なる点がある。それは、サン・マイクロシステムズという会社が開発・販売していることだ。しかもソラリスは、現在は無料で配布されているけど、以前は有料ソフトだった。さらに今は、プログラムの元であるソースコードも公開されている。

 ソラリスは、大きく分けて2種類がある。サン・マイクロシステムズが開発した「スパーク」という CPU で動くもの。それと、ペンティアムやアスロンといった、いわゆる x86系CPU で動くものだ。一般のパソコンでは、x86系のソラリスを使う。

Sの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top