用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【SoftEther】

  • ソフトイーサ

 インターネットを使って、VPN を構築するためのソフト。フリーソフトなので、誰でも無料で使える。現在は、有料の商用版もある。

 ソフトイーサを使うと、パソコンのなかに LAN の接続に必要な LANカードとハブが擬似的に作られて、離れた場所にあるパソコンや LAN を相互接続できる。

 VPN については別のページで解説しているので、詳しくはそちらを見てほしいのだけど、簡単にいうと次のようなことだ。

 たとえば企業で、本社の LAN と支社の LAN を WAN で接続している場合、専用線という24時間つながりっぱなしの通信回線を使っていることが多い。しかし、専用線は料金が高い。そのため、インターネットを使って仮想的に専用線と同じような通信網を作る方法がある。これが、VPNだ。VPN は、Virtual Private Network の略。

 VPN の場合、データを送る際に自動的に暗号化するため、途中で誰かに傍受されても内容が分からないようになっている。

 従来の VPN は、設定が複雑でコストもかかり、システム管理者が管理するものだった。しかしソフトイーサは、設定が比較的簡単で、個人でも自宅のパソコンと会社のパソコンを接続するといったことが可能だ。たとえば、会社や出先から自宅のパソコンに接続して文書を取り出すといったことができる。

 インターネットで標準の通信方式、TCP/IP という方法を使っているのも特徴で、このためインターネットに接続できる状況ならどこでも接続が可能だ。企業では、インターネットと LAN の間にファイアウォールとかプロキシサーバーといった設備を置いていることが多いけど、ソフトイーサはこうしたものがあってもそれを通過して接続できる。

 ソフトイーサは当初、個人的な目的や小規模な LAN の接続といった目的で使われることが多かった。しかし、バージョンアップとともに通信速度や安定度、セキュリティ機能などが強化され、現在では大規模なネットワークの構築にも対応できるようになっている。

Sの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top