用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【Smurf攻撃】

  • スマーフ攻撃

 コンピュータ・ネットワークのしくみを利用した、悪質な攻撃のひとつ。

 インターネットをはじめ、一般的な LAN で広く使われている TCP/IP方式のネットワークでは、Ping と呼ばれる機能を使うことができる。

 これは、あるコンピュータから別のコンピュータに Ping と呼ばれる短いデータを送ると、すぐに短い返信が来るというもの。これによって、相手のコンピュータが正常に稼働していることを確認できる。

 Ping の送り方しだいでは、LAN に接続されているすべてのコンピュータに対して一斉に返信を求めることもできる。

 スマーフ(Smurf)攻撃はこの機能を悪用して、ネットワークの外から送信元を偽って一斉に Ping を送る。つまり、攻撃のターゲットとなるサーバーに Ping を返信するよう求める。すると、すべてのコンピュータから回答が殺到するため、狙われたサーバーは通常の作業ができなくなり、最悪の場合は停止してしまう。

 イメージとしては、次のような感じだ。

 ある会社の部長を困らせようとして、意地の悪い人が部長の名をかたって全社員に「部長の○○だが緊急連絡あり。至急、電話を」という同報メールを送る。すると、全社員から続々と○○部長に電話がかかってくる。

 送った偽装メールの数にもよるが、その部長は数時間は通常業務に支障が出るだろう。

Sの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top