用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【Shiftキー】

  • シフトキー

 キーボードにある特殊なキー(ボタン)。通常は、文字入力キーの両脇にあって「Shift」と書かれている。

 最も代表的な使い方は、アルファベットの小文字と大文字を切り替えること。小文字で入力しているとき、Shiftキーを押しながら入力すると、その文字だけ大文字になる。また、キーボード上部の数字キーで「!」「%」「&」などを入力するときも Shiftキーを使う。

 このほか、ショートカット・キーやマウスのホイール操作をするときも、Shiftキーを組み合わせると通常とは逆の意味になったり特殊な操作に対応することがある。あまり知られていないけど、覚えておくと便利な技が多い。

 ウィンドウズの場合、連続した複数の項目を一気に選択するときは、Shiftキーを押しながら最初と最後の項目をクリックするといい。マッキントッシュの場合は、Shiftキーを押しながらクリックすると複数の項目を選ぶことができる。

 なお、このように別のキーと組み合わせて使う特殊なキーとして、ウィンドウズパソコンにはAltキーやCtrlキーが、マッキントッシュにはコマンドキーなどがある。

Sの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top