用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【SSL】

  • セキュリティで保護された接続

 SSL は、インターネットのウェブサイトから、データを安全に送るための技術。もう少し正確にいうと、ブラウザーとウェブサーバーが大事なデータを送受信するとき安全を確保する技術。SSL は、Secure Socket Layer(セキュア・ソケット・レイヤー)の略。

 以前は、SSL に対応したウェブページを開こうとすると「セキュリティで保護された接続でページを表示しようとしています」といったメッセージが出ることが多かった。SSL に対応したウェブページから普通のウェブページに戻るときも、それを知らせるメッセージが表示された。

 たとえば、オンライン・ショッピングや有料のインターネット・サービスを利用するとき、自分の名前や電話番号、クレジットカード番号などをサービス提供者へ送ることがある。ところがインターネットでは、途中でデータを盗まれる可能性がある。クレジットカード番号を盗まれて悪用されたら大変だ。

 そのため、こうした大切な情報を送るときは暗号化して送り、相手のサーバーに届いたら復号化(元に戻すこと)することで安全を確保する技術が作られた。SSL は、こうした技術のひとつで、インターネット・エクスプローラなど主要なブラウザーが対応している。

 以前は、SSL に対応したウェブページを開くとブラウザーの一部に鍵の絵が出て、それが目印になることが多かった。また、普通のウェブサイトのアドレス(URL)は [http] で始まるけど、SSL に対応したサイトは https で始まることが多い。

 なお現在は、SSL を進化させた TLS(Transport Layer Security)がこの役割りを引き継いでいる。

Sの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top