用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【SSLサーバー証明書】

  • サーバー証明書

 インターネットでオンライン・ショッピングをするとき気になるのが、個人情報やクレジットカード番号が途中で漏れないかということと、相手のショップが実在して信頼できるのかということだろう。

 個人情報やカード番号の送信に関しては、SSL という技術を使って情報を暗号化して送ることで安全性を確保している。相手が実在することは、SSLサーバー証明書または単にサーバー証明書と呼ばれる電子的な書類を使うことで証明されるようになっている。

 オンライン・ショッピングなどのサービスを提供しようとする会社や組織は、まず認証局と呼ばれる第三者機関に社名や所在地、ウェブサイトのドメインなどの情報を送り、証明書の発行を申請する。認証局に対して、サーバー証明書の発行を要求することを CSR という。

 これを受けて認証局から、ショップのサーバーを運営する組織名、それを認証した認証局の名称、証明書の有効期限、SSL通信を行うための公開鍵などの情報が書かれたサーバー証明書が発行される。

 そして、お客さんがショップのサーバーにアクセスしてきたら、その証明書を送ることで通信の安全性や実在するショップであることを証明できる。お客さんは、証明書の内容を確認することで、安心して買い物ができる。

 サーバー証明書を取得しているウェブサイトを開くと、ブラウザーのどこかに鍵のマークが出る。あるいはウェブページに、認証局が発行したシールが貼られていることもある。そして、鍵マークや認証局のシールをクリックすると詳細を確認できる。

Sの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top