用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【SSI】

 ウェブサイトで、少し複雑な表現をしたいとき使える技術のひとつ。SSI は、Server Side Include(サーバー・サイド・インクルード)の略で、まず「サーバー側で処理する技術」だと思ってほしい。

 ウェブサイトを見るときは、見たいページの URL を手元のパソコンからウェブサーバーへ送る。そして、サーバーから必要なデータが送られてきてパソコンの画面に表示される。

 このとき、たとえばどの画面を開いても上部に共通のマークや情報を表示したいことがある。これを実現する方法として、サーバーから送られてきたデータを使って手元のパソコンで1枚1枚画面を作って表示する方法と、サーバー側で画面情報を作ってそのデータを送ってもらう方法がある。

 つまり、どの画面でも同じ表示を出すという少し面倒な作業を、手元のパソコンが担当するか、データを送り出すサーバーが担当するかという話だ。

 通常、HTML で書かれたウェブページのデータは、パソコン側で処理するのが基本。でも、サーバー側で処理する方がいいこともある。前述のように、どのページにも同じ情報を出すほか、アクセスカウンターを設置するときとか、セキュリティ強化のために署名ファイルを使うときとか。

 この場合、HTMLファイルの中に、サーバーに作業を指示する特殊な命令(コマンド)を入れておく。その指示を受けて、サーバーの中で処理を行って、その結果をパソコンに送り出す。この仕組みを SSI という。SSI が組み込まれた HTMLファイルは普通、拡張子が「.shtml」になっている。

 もちろん、この方式にメリットがあるから SSI という技術があるのだけど、デメリットもある。まず、サーバーが処理する時間がかかること。特に、アクセスが集中すると反応が遅くなる。また、サーバーに悪意のある命令を送り込まれる危険性がある。

 そのため、サイト管理者の判断で SSI の使用を禁止しているサーバーもある。

Sの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top