用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【SRAM】

  • DRAM
  • エスラム
  • ディーラム

 パソコンのメモリーに使われている半導体の種類。

 DRAM(ディーラム)は、いわゆるメインメモリーのデータ記憶部品として広く使われている。メモリーの部品(SIMMやDIMM)を見ると、小さな基板の上に黒い半導体のチップが付いている。この半導体チップがDRAM(または後述のSDRAM)だ。

 DRAMは、Dynamic Random Access Memory の略で、かなり意訳になるけど「データを保存しておくための操作が必要な、随時書き込みと読み出しができるデータ記憶用の部品」といった意味。

 データ保存の操作といっても、電気が供給されていればパソコンが勝手にやってくれるから気にする必要はない。ただし電源を切ったり電源コードを抜いたりすると、データ保存の操作が行われなくなるのでデータが消えてしまう。

 最近は、メインメモリーにSDRAM(エスディーラム/シンクロナスDRAM)を使うパソコンが増えている。SDRAMは、基本的にはDRAMだけど、データの読み書きの方法が改良されている。DIMMタイプのメモリー部品は、たいていSDRAMを使っている。

 SRAM(エスラム)は、Static Random Access Memory の略で、かなり意訳すると「データを保存しておくための操作が必要ない、随時書き込みと読み出しができるデータ記憶用の部品」といった意味。

 DRAMよりSRAMの方が、データの読み書きも速いし消費電力も少ない。しかし値段が高い。そのため主に、キャッシュメモリーに使われている。キャッシュメモリーは、容量は比較的少なくていいけど高速でデータの書き換えが必要な部品なのでSRAMの特徴を活かせる。

 なお、データを保存する操作が不要といっても、電源が供給されなくなると SRAM も情報が消えてしまう。つまり、DRAM も SRAM も、揮発性メモリーということになる。

Sの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top