用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【SOX法】

  • J-SOX法
  • ソックス法
  • 日本版SOX法
  • 日本版ソックス法

 まず、SOX法(ソックス法)だけど、これはアメリカの企業経営者を対象にした法律で、会計や財務の透明性を高め、監査制度を改革すること、それと経営者の義務や罰則を定めている。

 簡単にいうと、ごまかしのない経営をしなさいというもの。1990年代後半から2000年代初めに大きな不正で破綻する企業が続出したため、その対策として2002年に制定された。

 法律の正式名称は、Public Company Accounting Reform and Investor Protection Act of 2002(上場企業会計改革および投資家保護法)だけど、長いので、この法案を提出した人の名前から Sarbanes-Oxley Act(サーベンス・オクスリー法)と呼ばれている。そして、これを略して一般に SOX法という。また、SO法ともいう。日本では「企業改革法」ということもある。

 で、日本でも金融庁が同様の法律の制定を準備してきた。これが、日本版SOX法(日本版ソックス法, J-SOX法)で、2008年4月に施行された。ただし対象となるのは上場企業だけ。

 というわけで、SOX法、日本版SOX法は企業経営にかかわる言葉で情報通信系の用語ではないように思われる。しかし、企業の勘定系システムや会計システムを作る際は、この法律を避けて通れない。

Sの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top