用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【SOA】

  • サービス指向アーキテクチャ
  • ソア

 主に企業向けのソフトウェアに対して使われる表現で、ひとつひとつ独立した業務用ソフトを連携させて、より高度な情報システムとして使おうという考え方。SOA は Service Oriented Architecture(サービス指向アーキテクチャ)を略で、通常は「エスオーエイ」というけど「ソア」と読まれることもある。

 たとえば、企業が得意先から注文を受けるケースを考えてみよう。営業担当者は、まず在庫管理システムに問い合わせて在庫があるか確認する。在庫があれば受注プログラムを使って受注の手続きを行う。出荷されると、その記録が情報システムに記録され、売り上げに計上される。そして最後に請求が行われる。

 従来、こうしたプログラムは別々に開発されて利用されてきた。しかし、一連の仕事なんだから、コンピュータの処理もひとつの行程で実行できるほうがいい。そこで、在庫確認、受注、出荷、会計処理、請求といった独立したプログラムを連結してひとつのシステムとして使おうというのが SOA の考え方だ。

 SOA で大事なのは、連結するプログラムが独立していて、単独でも機能すること。たとえば、オブジェクト指向というプログラム開発方法があるけど、これはプログラムを部品に分けて作り、最後にまとめてひとつのソフトウェアにする手法。これに対して SOA は、もともと単独で機能するソフトを連結させて、より便利なシステムにする。そして SOA では、各ソフトのことを“サービス”と呼んでいる。

 具体的には、各ソフトウェアに SOA に対応するためのインターフェース(接合プログラム)を付けて、ウェブサービスとして利用するケースが多い。

Sの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top