用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【SED】

  • 表面電界ディスプレイ

 次世代の大型ディスプレイ(薄型テレビ)として期待された方式のひとつ。

 SED は、Surface - conduction Electron - emitter Display の略で、日本語では表面電界ディスプレイという。

 基本的な原理は、かつてのブラウン管(CRT)と同じで、映像を作るための発光体に電子を衝突させて光らせる。ただしブラウン管は、電子を発射する場所がひとつで、そこから発射された原子を偏向ヨーク(電磁石)で曲げて発光体にあてていた。

 一方、SEDは画素の数だけ電子源がある。つまり、電子源と蛍光体がペアになっていて、それが画素になっている。

 そのため、薄いだけでなく隅ずみまで歪みのない大画面を作ることができる。明るさや画質も、液晶パネルやプラズマディスプレイ(PDP)を上回るといわれ、動きの速い表示にも強い。消費電力も少ない。

Sの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top