用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【SDカード】

  • SDメモリーカード

 小型のメモリーカードのひとつ。正式にはSDメモリーカードだけど、一般にSDカードと呼ばれることもある。SD は Secure Digital(セキュア・デジタル)の略で、著作権保護の機能に対応していることを示している。

 メモリーカードとしてはほかに、コンパクトフラッシュやスマートメディア、メモリースティック、マルチメディアカード、xDメモリーカードなどがある。

 SDメモリーカードはマルチメディアカードを発展させたもので、縦横のサイズはマルチメディアカードと同じ。ただし、マルチメディアカードより少し厚い。具体的には 32mm×24mm×2.1mm、重さ約 2g というサイズだ。

 SDメモリーカードに対応した機器は、2000年の中頃から登場しはじめた。現在、コンパクトフラッシュやスマートメディアが主にデジタルカメラの画像を保存するメディアとして使われているのに対して、SDメモリーカードはより幅広い用途が想定されている。

 なお現在は、SDメモリーカードを小型化したミニSDカードやマイクロSDカードも登場している。これらは主に、携帯電話用の記録メディアとして使われている。

 また現在は、SDメモリーカードの上位規格にあたる SDHCメモリーカードも登場している。

 余談だけど、インターネットのサーチエンジンで「SDカード」と入力して検索すると、安全運転を証明するカードの説明がたくさん見つかる。この場合のSDは、セイフドライバー(Safe Driver)の略。もちろん、パソコンとは関係ない。

Sの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top