用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【RJ-45】

  • RJ-11
  • モジュラーケーブル
  • モジュラージャック

 モジュラージャックは、電話線の両端についている四角い端子(コネクター)のこと。普通は、幅が約1センチのプラスチック製だ。両端がモジュラージャックになっている電話線をモジュラーケーブルと呼ぶ。

 昔の電話線は、壁から出て電話機に直結していた。これをローゼット式という。これを外したり付け替えたりするには、資格を持った人が工事をしないといけない。

 今は、電気店でいろいろな長さの電話線(モジュラーケーブル)が売られていて自分で付け替えることができる。ただし付け替えるには、壁の端子と電話機の端子がモジュラージャックに対応していないといけない。最近の電話機は、ほぼすべてモジュラージャック式になっている。

 かつてダイヤルアップ接続でインターネットを利用するのが一般的だったころ、電話線がモジュラージャック式でないとモデムなどを接続できなかった。もし、今もローゼット式で、モジュラージャック式に変更したい場合は近くの NTT に相談すればいい。

 なお、普通のモジュラージャックをよく見ると、金色の導線が 2本(6極2芯)のものと 4本(6極4芯)のものがある。4本のタイプは親子電話や多機能電話に対応したものだ。一般の電話機やモデムをつなぐなら 2本のタイプでいい。しかし、4本のタイプを使ってもかまわない。

 それと ISDN を使っていて、なおかつ DSU と TA が別々になっている場合、両者をつなぐのに普通より大きなモジュラージャックを使う。有線の LAN を組む場合も、今はモジュラーケーブルを使う方法(1000BASE-T など)が一般的で、やはり両端が電話用より大きなモジュラージャック(8極8芯)になっている。

 これらは、一目見れば電話用のモジュラージャックと違うことが分かる。また、普通は売り場も違う。しかし念のため、このように複数のモジュラージャックがあることも覚えておこう。

 ちなみに正確には、一般の電話線用のモジュラージャックを RJ-11 といって、LAN用の方を RJ-45 という。RJ は、Registered Jack の略。

Rの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top