用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【RFP】

  • 提案依頼書

 RFP は Request For Proposal の略で、日本語では一般に「提案依頼書」と呼ばれている。情報システムを構築する際に、発注元の企業からベンダーと呼ばれる IT業者に提出される書類のひとつ。

 従来、情報システムを組む場合、最初に口頭などであいまいな依頼をして、それを請けた情報システムの業者が具体的なシステムを提案するケースが多かった。特に、専任の IT技術者がいない中小企業では、そうした傾向があった。

 しかし、どんな情報システムが欲しいのか、それによって何をどのように改善したいのか明確になっていないと、業者もシステムを提案をしにくい。特に最近は、情報システムが多様化しているため、ますます具体的な要望がないと計画を立てにくくなっている。

 そこで、初期の段階で発注する企業の側から、必要とするシステムの概要、その目的、契約条件などを文書にまとめて、業者に提出する動きが出てきた。その書類を、RFP という。

 RFP があれば、業者の側も具体的な提案を出しやすい。また、後で「これは違う」といった行き違いが起きにくい。さらに、発注側も複数の業者に提案をもらって最適なシステムを選ぶことが可能になる。

 たとえば、口頭で「土地があるから建物を建てたい。何かプランを出してほしい」といわれても建築業者は困る。そこがどんな場所で、どのくらいの面積なのか、住宅が欲しいのか、商業ビルを建てたいのか、工場を建てたいのか、具体的な希望がないと提案できない。

 情報システムを作るときも同じようなもので、RFP を提出することによって、その後の開発の無駄を省けるし、開発期間の短縮や開発費の抑制にもつながる。

 なお今は、RFP の前に RFI(Request For Information)と呼ばれる文書を出すケースが増えている。これは、適切な事業者を選定するために、より多くの業者に情報提供を依頼する書類になる。

Rの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top