用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【REST】

  • レスト

 REST(レスト)は Representational State Transfer の略で、インターネット(Web)上でいろいろな情報や機能を結びつける方法、あるいは考え方のひとつ。

 ただし、最初に提唱された本来の考え方と、一般的に使われている意味とで、かなり違いが生じている。技術的な文書に REST という言葉が出てきたら、この場合はどっちの意味なのか意識する方がいい。

 まず、本来の意味。インターネット上にある情報やデータ(リソース)は、すべて固有の名前(URN)か固有の住所(URL)を持っている。この URN と URL を合わせて URI という。そして、URI を指定することでリソースにアクセスし、そのリソースに対して「GET」や「POST」といった命令を送ることで操作するという考え方。

 しかし一般的には、インターネット上にあるさまざまな情報や機能に対して HTTP という方法(プロトコル=通信上の約束)でアクセスし、XML形式のデータとして受け取るといった意味合いで使われることが多い。

 このようにインターネット(Web)上の情報や機能を連係させることを一般に Webサービスと呼んでいる。そして従来は、こうしたことを実現するために SOAP という技術が使われることが多かった。

 こうした経緯から、REST という言葉が単に「SOAP を使わないで Webサービスを実行する方法」くらいの意味で使われることもある。

Rの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top