用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【PPPoE】

  • PPP over Ethernet
  • ピーピーピーオーイー

 ADSLを使ってインターネットに接続するとき使われる、技術的な約束事のひとつ。最近のADSLモデムやADSL対応のブロードバンドルーターは、ほとんど対応している。

 ADSLは、一般の電話回線(アナログ回線)を使って高速でインターネットに接続できる通信サービス。PPPoEは、PPP over Ethernet(ピーピーピー・オーバー・イーサネット)の略。

 PPPは、Point to Point Protocol(ポイント・トゥ・ポイント・プロトコル)の略で、一般の電話回線(アナログ回線)やISDNを使ってインターネットに接続するための技術。個人で家庭からインターネットに接続する場合、ほとんどこの技術のお世話になっている。

 イーサネット(Ethernet)は、コンピュータ・ネットワーク(LAN)を組むとき、パソコンなどの機器を相互接続するために使われている方式。今は、ほとんどのLANがこの方式で、中でも10BASE-Tという方式が多く使われてきた。そして、イーサネット方式のLANからインターネットに専用線接続されていれば、本来はPPPを使う必要はない。

 ところがADSLを利用するときは、個人でもイーサネットを使うことになる。たとえば、パソコンとADSLモデムは10BASE-T方式で接続することが多い。

 そのため、イーサネットという方式の上でPPPの機能を使う必要が出てきた。これを解決するために作られたのが、PPPoEという技術。具体的には、どうやってユーザーIDを確認するか、どうやってプロバイダーに接続するかといったことが決められている。

 なお、ほかにPPPoAという方式でADSLに接続することもある。

Pの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top