用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【POS】

  • ポス

 スーパーやコンビニなどで使われている、レジや商品管理の仕組み。POSシステムと呼ぶことも多い。POSは Point of Sale の略で、日本語では「販売時点情報管理」という。

 スーパーやコンビニで買い物をすると、商品に付いているバーコードを機械で読み取って代金が自動的に計算される。しかし、あのレジの機械は、ただの計算機ではない。もっと複雑な機能が裏に隠れている。

 商品に付いているバーコードには、基本的にメーカー名や商品名といった簡単な情報しか記載されていない。商品の値段は、店の奥などにある別のコンピュータに記録されている。売り値を変えるときは、そのコンピュータに記録されている金額を変更する。

 このコンピュータは同時に、何が何個売れたか、いま店頭には何個残っているかといった情報も集計している。そして、在庫が少なくなると自動的に補充の注文を出したりできる。また、この情報を見ることで、売れ筋商品や売れ行きが落ちている商品を見極めることもできる。

 大手のチェーン店だと、こうした管理を店単位ではなく本部でまとめて行っている。また、メーカーが販売店のPOSデータを集めて流通在庫を把握し、工場に生産の指示を出すといったことも行われている。この場合、POSのデータは通信回線を通じて本部やメーカーのコンピュータに送られる。

 こうした、全体の仕組みをPOSシステムと呼ぶ。店頭にあるレジの機械はPOS端末と呼ばれる。そして今のPOS端末の中身は、どんどんパソコンに近づいている。というか、機能を限定したパソコンといった方が正確かもしれない。また、店の奥や本部にあるコンピュータ、それらをつなぐ通信回線まで含めて全体が大きなコンピュータ・システムになっている。

Pの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top