用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【PHP】

  • ピーエイチピー

 ウェブサイト(ホームページ)で凝ったサービスを提供するとき使われるプログラム言語のひとつ。スクリプトと呼ばれる比較的短いプログラムの作成に使われることが多い。

 インターネット上のウェブサイトは普通、HTML で作成されている。HTML は、プログラム言語の中では最も簡単な部類に入る。だけど、その分、複雑なことをやろうと思うと逆に手間がかかったりする。

 そのため今は、HTML を補助するいろいろなプログラム言語が使われている。たとえば、掲示板、ブログ、SNS、あるいはオンライン・ショッピングなどのサイトを作るときは、PHP を使うことが多い。

 PHP のスクリプトは、HTML で作ったページの中に直接埋め込むことができる。ウェブページの URL の最後が「.html」や「.htm」でなく「.php」となっていたら、そのページは PHP が使われている。

 なお PHP(ピーエイチピー)は当初、Personal Home Page Tools の略だったといわれている。その後、オープンソース化して利用者や機能が増えて、現在は PHP: Hypertext Preprocessor の略とされている。

Pの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top