用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【PDL】

  • ページ記述言語

 パソコンで作成した文書を、レーザープリンタなどで印刷する際に必要となるプログラム言語の一種。英語では Page Description Language といって、PDL と略すことがある。

 まず理解してほしいのは、プリンタで文書を印刷するときは、どこかの段階で文字や図表を画像イメージに変換する必要があるといこと。人間の目には文字でも、コンピュータにとっては文字コードでも、紙に印刷されたときはインクやトナーで描かれた模様でしかない。その模様が文字の形をしているだけだ。

 通常、ページプリンタと呼ばれるプリンタで文書を印刷するときは、文書1ページ分のデータを一度にプリンタへ送り、プリンタの中で画像イメージを作成する。そして、その画像イメージを紙に印刷している。

 そして、このような画像イメージを作るために、どこにどんな文字や図表があるか指定する言語をページ記述言語という。最も代表的なページ記述言語として、ポストスクリプトがある。

 なお、インクジェットプリンタで印刷するときは、パソコンの中で画像イメージを作成して順次、プリンタへ送る。そのため、ページ記述言語を必要としない。

Pの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top