用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【PC100】

  • PC133
  • PC66

 パソコンの中にはCPUというメインの部品が入っている。そして、メモリー(あるいは、その中間にあるチップセット)と、一定のテンポでデータをやり取りしている。このテンポを、一般にベースクロック、システムバスクロック、FSBといった言葉で表している。

 表題のPC66、PC100、PC133は、SDRAMという方式のメモリー部品(DIMM)が何MHzのベースクロックまで対応できるかを表している。PC66なら66MHz、PC100なら100MHz、PC133なら133MHzのベースクロックに対応している。以前はPC66が主流だったけど、その後PC100からPC133へと移行していった。

 この数字が大きいほど、パソコン内を行き来するデータの速度が速いので、パソコン全体の処理速度があがる。

 なお、メモリーを本来の性能で使うには、CPUやチップセットも同じクロック速度に対応している必要がある。また、PC100とPC133では細かな部分で違いがあるため、一緒に使うとパソコンの動きが不安定になる。

 なお今は、同じクロック数で SDRAM の2倍のデータを転送できる DDR SDRAM というメモリー部品を使うパソコンが多い。この場合は、PC1600 とか PC2100 といった方式でデータ転送の速度を表している。

 また、RDRAM というメモリー部品を使うパソコンもあって、この場合は PC800 とか PC1066 といった方式でデータ転送の速度を表している。

Pの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top