用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【PCカードスロット】

  • CardBus
  • PCMCIAカード
  • PCカード
  • カードバス
  • ピーシーカード

 PCカードは、主にノートパソコンに機能を付け加えるために使われてきたクレジットカード大の機器。たとえば、メモリーカード、カード型モデム、LANカード、SCSIカード、外付け機器を接続するためのインターフェースカード、小型メモリーカードのアダプターなどがある。

 デスクトップパソコンなら本体に拡張ボードを付けたり、外付けの機器を追加することもできる。しかしノート型だとそうもいかない。そこで大きさを揃えたカード型の機器を本体に差すことで、そのときどきに必要な機能を追加することが多かった。そのためノートパソコンには、たいてい本体の脇にPCカードスロットと呼ばれる差し込み口があった。

 一時は、デスクトップパソコンでもPCカードスロットの付いた機種があった。また、自分でPCカードスロットを付け足すこともできた。

 PCカードは、厚さの違いで3種類の規格がある。一番うすいのはタイプIといって、ほとんど使われなかった。次がタイプIIで、これが最も多い。一番厚いのがタイプIIIで、脱着できるハードディスクとして使われた程度。

 普通のノートパソコンは、タイプIIを2枚、あるいはタイプIIIを1枚、装着できるようになっているケースが多かった。ただしモバイルノートだと、タイプIIを1枚だけということもある。

 CardBusは、データの転送速度を従来より速くした、PCカードスロットの新しい規格。初期の機種を除いて、ほとんどCardBusに対応している。

 PCカードの規格はアメリカの PCMCIA という団体と日本の JEIDA(日本電子工業振興協会)という団体が共同で作った。そのため当初は、PCMCIAカードと呼んでいた時期もある。

 なお現在は、PCカードの後継規格である ExpressCard(エクスプレスカード)が登場している。ただし、PCカードと ExpressCard には互換性がない。そのため今も、PCカードスロットを装備したパソコンが販売されている。

Pの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top