用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【PASMO】

  • パスモ

 主に、首都圏の私鉄、地下鉄、バスなどに乗車できる非接触ICカード。加えて、Suica の対象エリアである首都圏、仙台、新潟の JR線でも利用できる。首都圏では実質的に、PASMO か Suica のどちらか1枚を持っていれば用が足りる。

 サービス開始は 2007年3月。首都圏では、パスモの前にプリペイド方式のパスネット(PASSNET)という乗車券カードが普及していた。このカードのアタマの「パス」と、「もっと」という意味の More、さらに「あれも、これも」の「も」などの意味を加えて「パスモ」という名称になったとされる。

 パスモには、記名式と無記名式があって、どちらも事前に乗車料金をチャージ(入金)することで繰り返し使える。ただし無記名の場合、紛失しても再発行できない。このほか、定期券と組み合わせたパスモ定期券、小学生以下の子どもを対象にした小児用パスモがある。

 また、クレジットカードと組み合わせて、残金が一定額以下になると改札通過時に自動的にチャージされるオートチャージ機能付きパスモもある。チャージされた金額は後日、まとめてクレジットカード利用分として引き落とされる。

 いずれも、鉄道やバスの乗車のほか、電子マネーとして売店や自動販売機で買い物に使うことができる。

 利用方法は、鉄道に乗る場合は自動改札機の ICカード読み取り機に軽く触れる(タッチする)だけ。非接触カードなので、パスケースなどに入れたままでいい。改札から出るときも同様だ。

 バスの場合も乗車時と下車時に、同じように ICカード読み取り機にタッチすればいい。売店の場合は、レジに読み取り機がある。自動販売機の場合も、機械に読み取り機が付いているけど、商品を選ぶ前にタッチするなど機械によって利用手順が多少異なる。

Pの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top