用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【Outbound Port25 Blocking】

  • OP25B
  • アウトバウンドポート25ブロッキング

 迷惑メールに対して、プロバイダーや携帯電話会社が行っている対策のひとつ。

 アウトバウンドポート25ブロッキング(Outbound Port25 Blocking)を略して、OP25B と表記することもある。ほかにも、25番ポートブロック、ポート25制御など、いろいろな呼び名がある。

 普通、電子メールは、送信者のパソコン→送信者が利用しているプロバイダーの SMTPサーバー→受信者が利用しているプロバイダーのPOPサーバー→受信者のパソコンという順に送られていく。

 そして、SMTPサーバーから電子メールを送信する際は、ポート25(25番ポート)を利用することになっている。ポート番号については別のページでも説明しているけど、どんなデータを送受信するか識別するための番号だ。

 で、迷惑メールを大量に送信する業者の場合、自分のパソコンに SMTP の機能を組み込んで、プロバイダーの SMTPサーバーを使わず直接相手の POPサーバーに迷惑メールを送ることが多い。

 そこで、プロバイダーが指定した SMTPサーバーを使わない電子メールの発信を禁止することで、迷惑メールの送信を防ぐのがアウトバウンドポート25ブロッキングという方法だ。「アウトバウンド」は「外に向かう」といった意味で、外部に発信するポート25番のデータを阻止するといった意味になる。

 しかし、この方法を使うと、一般ユーザーが「プロバイダーA に接続して、プロバイダーB のメールサーバーから電子メールを送りたい」といった場合にも制限がかかってしまう。そのため、ポート25 の代わりにポート587 という専用ポートを使うことで問題を回避する方法がある。

Oの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top