用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【OpenFlow】

  • オープンフロー

 大きな情報通信ネットワークの設定を専用のソフトウェアで管理したり、設定変更する技術のひとつ。

 初期の、あるいは小規模な LAN(コンピュータ・ネットワーク)は、ハブと呼ばれる集線装置に物理的に接続された機器間でデータを送受信するだけのシンプルな構成が多かった。

 しかし、接続されるコンピュータが増えて、さらに外部のクラウドサービス等を利用するようになると、その通信経路を切り替えるためにスイッチと呼ばれる専用の機器が使われる。

 さらに、商用データセンターや大手SNS などでは膨大なアクセスを処理するために、さらに複雑なシステムや運用が求められる。

 そのため、スイッチと呼ばれる専用機器をハードウェアとソフトウェアに分離して、ソフトウェアの設定でネットワークの定義や通信経路を随時変更できる方式が登場してきた。これを SDN という。

 OpenFlow(オープンフロー)は、その代表的な技術のひとつで、送受信するデータ(パケット)の経路を決めるコントローラ、実際のデータ転送を担当するスイッチ、コントローラとスイッチの連絡役に相当するプロトコルで構成されている。

 従来、ネットワークの設定変更は物理的なケーブルの差し替えや、手作業による設定変更などが必要で、手間と時間がかかることが多かった。しかし、OpenFlow のような技術の普及によって、そうした労力を大幅に削減することができる。

Oの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top