用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【Office Open XML】

  • OOXML
  • オフィス・オープンXML

 マイクロソフト・オフィス2007で採用された、新しいファイル形式。Office Open XML を略して OOXML と書くことが多い。

 従来、マイクロソフト・オフィスの文書に付く拡張子は、ワードが「.doc」、エクセルが「.xls」、パワーポイントが「.ppt」だった。しかし、オフィス2007で、それぞれ「.docx」「.xlsx」「.pptx」に変わった。この最後に「x」の付いたファイルが、OOXML形式である。なお、マクロが有効なファイルは「m」が付く。

 マイクロソフトのオフィスソフトは、事実上の標準ソフトとして広く世界中で使われている。しかし、バージョンアップ等に伴って少しずつ対応機能が変わり、マイクロソフト・オフィスでもバージョンが違うと開けなかったり、レイアウトが崩れるといった問題がある。

 また、将来的にファイル形式が変わっていくと、マイクロソフトのオフィスを使っても古いファイルを開くことが出来なくなるという懸念もある。さらに、他社がマイクロソフト・オフィスと互換性のあるオフィスソフトを開発する際の障害になるといった批判もあった。

 こうした状況を鑑みて、マイクロソフトは XML を元にした新しいファイル形式を作って、Ecma International という国際的な標準化組織に提出。それが認められて、OOXML は業界標準のひとつになった。

 OOXML は仕様が公開されているので、他社も OOXML対応のソフト、つまりオフィス2007で作成したファイルを開けるソフトを開発できる。

 また、マイクロソフトが提供している「Compatibility Pack for Microsoft Office 2007 File Formats」という追加プログラムを使うことで、オフィスXP やオフィス2003 といった古いソフトでも、オフィス2007で作ったファイルを開くことができる。さらに OOXML は、ファイルを自動的に zip形式で圧縮するためファイル容量が小さくなるというメリットがある。

 なお、OOXML に対抗するファイル形式として、オープンオフィス(OpenOffice)で育まれた ODF がある。というか、ODF への対抗策としてマイクロソフトが OOXML を出したといわれることが多い。

Oの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top