用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【O2O】

  • オーツーオー
  • オンライン・ツー・オフライン

 オンライン・ツー・オフライン(Online to Offline)を略して、O2O(オーツーオー)といったり表記する。

 オンラインはインターネットにつながっているという意味で、実質的にはインターネットを利用した情報提供サービスなどを指す。オフラインはリアル店舗、およびそこで提供される商品やサービスのこと。

 狭義では、オンラインつまりインターネット上の情報から、オフラインつまり実際の小売店や飲食店の集客や販売拡大につなげること。また、そうしたビジネス手法をO2Oということが多い。

 たとえば、ホームページやSNSに商品やサービスの情報を載せて、それを見た人が店舗に来る。ホームページでクーポン等を配布して来店者数を増やすといった例が分かりやすい。店長のブログなどでファンを増やすといったことも該当するだろう。

 しかし最近は、多くの人がスマートフォンなどのモバイル機器を持ち歩くため、より積極的な集客や販売促進ができるようになっている。たとえば、店の近くにいる人にメール等で特売情報やクーポンを送るといったこともできるし、店舗やサービス名で検索した人をナビゲーション機能で案内するといったことも可能だ。

 さらに、ネット上の情報を見て来店した人が、購入した商品をSNSなどで紹介し、さらに情報を拡散するといったことも普通になっている。つまり、オンラインからオフラインへ行き、またオンラインに戻り、さらにオフラインの来客を増やすといったオン/オフ相互の関係が生まれている。

 というより、オンラインとオフラインを分けるのではなく、双方が融合したプロモーション戦略を考えるべきともいわれる。

Oの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top