用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【NTFS】

  • エヌティーエフエス

 ウィンドウズNTやウィンドウズ2000、ウィンドウズXPで、ハードディスクやフロッピーディスクにファイル(データ)を保存するとき使われる仕組みのひとつ。これをファイルシステムといって、どのファイルがどこに保存されているか一覧表のようにして管理している。

 ウィンドウズ95やウィンドウズ98、ウィンドウズMeでは、ファイル管理にFAT16とFAT32という方法が使われてきた。これらの方式については、FATのページで説明しているので必要に応じて見てほしい。

 NTFSは、FATに比べて信頼性が高い。具体的には、ハードディスクにどんなデータを書き込んだか自動的に記録が残るため、トラブルが起きても元に戻せる可能性が高い。また、複数の人が同じファイルを使うような場合、人によって「見るだけ」とか「修正できる」とか「見られない」といった設定がしやすい。

 なお、ウィンドウズNTやウィンドウズ2000、ウィンドウズXPはFATにも対応している。そのため、ウィンドウズXPが組み込まれた(インストールされた)パソコンでFAT32を使っているケースもある。

 また、ウィンドウズNTや2000、XPからFATで管理されているドライブ(ハードディスク)の中を見ることはできるけど、ウィンドウズ95、98、MeからはNTFSで管理されているドライブの中を見ることができない。一台のパソコンに複数の基本ソフトを入れてデュアルブートにするような場合は注意が必要だ。

Nの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top