用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【NAT】

  • IPマスカレード

 どちらも、LANに接続されたパソコンからインターネットを利用するときに使われる技術。

 インターネットに接続されているコンピュータや、LANに接続されているコンピュータには、IPアドレスと呼ばれる数字が割り振られている。インターネット用に割り振られたIPアドレスをグローバルアドレスといって、LAN用に割り振られたIPアドレスをプライベートアドレスという。

 で、グローバルアドレスは世界中で唯一の番号なんだけど、プライベートアドレスは、あっちこっちの会社や学校で同じ番号を使っている。そのため、LANに接続されたコンピュータからインターネットを利用する場合は、プライベートアドレスをグローバルアドレスに変換する仕組みが必要だ。

 このしくみをNATという。これは、Network Address Translation の略。ただしNATの場合は、ひとつのプライベートアドレスに対して、ひとつのグローバルアドレスを対応させるため、多少の不都合がある。

 たとえば小規模オフィスや家庭で、数台のパソコンをつないでLANを組んでいる。そして、どのパソコンからもダイヤルアップ接続でインターネットを使いたい。しかし、プロバイダーとの契約はひとつしかない。といった場合、NATだと同時に複数のパソコンからインターネットを利用することができない。

 しかしIPマスカレードという方法だと、ダイヤルアップ接続の契約ひとつでも、複数のパソコンから同時にインターネットを利用できる。最近のダイヤルアップルーターやブロードバンドルーターは、この機能に対応している。

Nの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top