用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【Microsoftアカウント】

  • マイクロソフトアカウント

 マイクロソフトの各種サービスを利用するためのアカウント、つまりユーザーID に相当するもの。実質的に、マイクロソフトが提供するサービスのシングルサインインの仕組みになっている。

 まず、ウィンドウズパソコンやウィンドウズ10モバイルのユーザーは、これらの機器を使うときマイクロソフトアカウントでログインできる。

 また、アンドロイド端末(スマートフォンやタブレット端末)や iOSを使っている機器(iPhone など)でマイクロソフトアカウントにログインするためのアプリが提供されている。そして、ひとつのアカウントで複数の機器を使うことが可能だ。

 ログインの際のユーザー名(ユーザーID)は事前に登録した電子メールアドレスを使う。このメールアドレスは、マイクロソフトが提供している各種メールサービスのものでもいいし、一般のメールアドレスでもいい。また、Gmail や Yahooメールといったいわゆる無料メールでもいい。

 マイクロソフトアカウントで利用できるサービスは、2016年5月現在、ウィンドウズストア、ワンドライブ、検索サービスのBing、ニュースサイトのMSN、無料電話のスカイプ、など多岐にわたる。

 そして、たとえばパソコンからワンドライブに保存したファイルを、別の機器で開くといったことが簡単にできる。また、もともとスカイプのアカウントを持っている場合は、そのアカウントとマイクロソフトアカウントを関連付けると同じパスワードで使用できるようになる。

Mの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top