用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【Microsoft Edge】

  • Edge
  • エッジ
  • マイクロソフト・エッジ

 2015年7月に提供が開始されたマイクロソフトの基本ソフト(OS)、ウィンドウズ10から搭載されたWebブラウザー(ホームページ閲覧ソフト)の名称。開発段階では、スパルタン(Spartan)と呼ばれていた。

 それまで長く、ウィンドウズには標準ブラウザーとしてインターネット・エクスプローラー(IE)が搭載されてきた。そのためIEの市場シェアは 5割以上といわれていたが、2014年4月に大きな脆弱性が見つかって世界規模の問題になった。

 そうしたなか、マイクロソフトは新しい画面レイアウトのプログラムを採用した新しいブラウザーとしてエッジ(Edge)を開発。ウィンドウズ10のリリースとともに提供が始まった。ただし、設計が古いウェブサイトとの互換性を保つため、つまり古いウェブページを正しく表示させるためにウィンドウズ10でIE 11を使うこともできる。

 マイクロソフト・エッジには、エッジの画面内でウェブページを検索したり、画面に手描きメモを書き込んだり、記事以外の情報を非表示にして読みやすくするといった新機能が盛り込まれている。

Mの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top