用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【Micro-USB】

  • マイクロUSB

 主に、パソコンと周辺機器の接続に使われている USBケーブルのコネクター部分を小型化したもの。その規格。

 USB は、汎用性の高い規格として広く普及している。通信速度も順次引き上げられて使い勝手が向上してきた。しかし、デジタルカメラや携帯音楽プレーヤー、ICレコーダーといった小型機器を接続するにはコネクターが大きすぎる。そこで、より小型なコネクターの規格としてミニUSB が開発された。この規格は、機能的には USB2.0 と同等だ。

 しかしその後、パソコンとスマートフォンなどを接続するために、さらに小型のUSBコネクターが求められるようになってきた。そこで開発されたのがマイクロUSB(Micro-USB)で、機能的にはUSB2.0/3.0と同じ。そして、USBで周辺機器同士を相互接続するための USB On-The-Go の補助規格のひとつになっている。

 コネクターの形状は、パソコン側に接続する USB Micro-A、周辺機器側に接続する USB Micro-B、周辺機器同士で接続する場合に使うUSB Micro-AB が規格化されている。しかし実際には、パソコン側の A端子は通常サイズの USBコネクターで、周辺機器側の B端子がマイクロUSB という組み合わせが多い。

 コネクターのサイズは、ミニUSB を半分にした程度。その一方で、繰り返し抜き差しされることを想定して耐久性が高められている。

Mの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top