用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【MediaGX】

  • 6x86
  • 6x86MX
  • C3
  • Cyrix III
  • サイリックス

 6x86 と 6x86MX は、かつてアメリカのサイリックスという会社が作っていたインテル互換CPU の製品名。インテル社のペンティアムの代わりとして使うことができた。6x86MX は MMXテクノロジにも対応していた。

 MediaGX(メディアGX)もサイリックス社のインテル互換CPU のひとつだった。しかし、6x86 や 6x86MX とはかなり違う。6x86 や 6x86MX が単体の CPU だったのに対して、MediaGX は CPU機能にメモリー管理機能などが加わった複合的な部品になっていた。そのため MediaGX を使うとパソコンの仕組みを簡単にできて、安くパソコンを作ることができた。

 サイリックス社は、1997年にアメリカのナショナル セミコンダクターという会社に買収された。さらに 1999年には、台湾の VIAテクノロジーという会社に売却された。こうした中で、サイリックスという名前はブランド名として残ってきた。

 VIAテクノロジー社は、2000年に Cyrix III(サイリックス・スリー)という CPU を発売。安い CPU として、自作パソコンなどで使われてきた。そして、2001年には C3 という新しい CPU が登場。ついに製品名からも、サイリックスという名前が消えた。

Mの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top