用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【MPEG】

  • エムペグ

 動画(ビデオのように動く映像)を、圧縮したり元に戻したりする方法を定めた規格。音声(効果音や声、音楽など)の圧縮もできる。

 パソコンのデータの中でも、動画は特にデータ量が多い。CD-ROMやDVDが大容量だといっても、そのままでは長時間の動画データを記録することはできない。

 そのため、いかにデータを小さくするか工夫されてきた。そして作られたのがMPEG規格だ。規格名だけでなく、この規格を決めた組織名でもある。MPEGは、Moving Picture Experts Group(ムービング・ピクチャー・エキスパーツ・グループ)の略。

 MPEGには現在、MPEG-1、MPEG-2、MPEG-4という種類がある。また、MPEG-7も作られている。-3、-5、-6は欠番。

 MPEG-1は、ビデオCDに使われた。以前は専用の再生ボードなどを付けないと映像を見られなかったけど、最近のパソコンなら専用ソフトだけで見られる。

 MPEG-2は、MPEG-1より高画質でDVDやデジタル放送に採用されている。やはり以前は、パソコンに専用の再生ボードなどが付いてないと映像を見ることができなかったけど、最近はDVDドライブと再生ソフトがあればDVDビデオを見ることができる。

 また最近は、MPEGの中にある音声圧縮機能を使ったMP3やAACも話題になっている。詳しくは、それぞれのページで。

 MPEG-4は、携帯電話などのモバイル機器で動画を送受信するための規格。

 以上、MPEG-1、-2、-4が動画データを圧縮するための規格なのに対して、MPEG-7は、動画データをデータベース化したり検索するための技術として開発されている。

Mの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top