用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【MOT】

  • MOTS

 MOTには、ふたつの意味がある。まず、Management of Technology(マネジメント・オブ・テクノロジー)の略で、日本語では「技術経営」と呼ばれるもの。もうひとつは、マイクロソフトが認定している資格試験だ。

 まず「技術経営」の方だけど、これは技術(テクノロジー)と経営(マネジメント)を融合させて新たな事業を生み出したり、事業を発展させたりしようという考え方。あるいは経営手法。

 とかく、技術に強いと経営面が弱い、経営力があっても技術面に疎いというケースが多い。そこで、両方を理解できる人材を育てて行こうといった機運が高まっている。

 マイクロソフトの資格試験の方は、Microsoft Official Trainer(マイクロソフト・オフィシャル・トレーナー)の略。つまり、パソコン教室のインストラクター向けの試験だ。試験内容には、ソフトの機能や操作に関する知識だけでなく、教え方の実技も含まれている。

 MOTに合格すると、マイクロソフト製品の最新情報や技術情報の提供が受けられる。イベントやセミナーへ招待されたり、製品が提供されることもある。

 また、MOTの資格を持ったインストラクターが2名以上いるパソコン教室は、MOTS(Microsoft Official Training School=マイクロソフト・オフィシャル・トレーニング・スクール)として認定される。

 実際、大手パソコン教室などでインストラクターとして働くには、MOTがないと不利になる。そのため、現役のインストラクターも資格の取得や維持に努力している。

 マイクロソフトはほかにも、MOUS、MCP、MSS、MCAといった資格の認定を行っている。このうち、MOUSは一般のパソコンユーザー向けで人気が高い。MCP、MSS、MCA は専門的でレベルが高い。

Mの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top