用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【MCP】

 マイクロソフトが認定している世界共通の資格試験のひとつ。Microsoft Certified Professional(マイクロソフト・サーティファイド・プロフェッショナル)の略。

 この試験は、ビジネス用のマイクロソフト製品(業務向けウィンドウズやサーバー用ソフトなど)を扱う、システムエンジニア、プログラマー、コンサルタントといった技術者向け。

 MCPに合格すれば、マイクロソフト製品に対する高度な技術を持っていることが証明される。その分、レベルも高く、普通のパソコンユーザーが取得するのは難しい。逆に、MCPの資格を持っていれば、就職や転職の際に有利になったり待遇がよくなる可能性もある。

 MCPの資格を持っていると、マイクロソフトの技術情報や製品情報を優先的に得ることができる。また、セミナーやイベントの際に招待や優待されるといった特典もある。

 マイクロソフトはほかにも、MOUS、MOT、MSS、MCAといった資格の認定を行っている。このうち、MOUSは一般のパソコンユーザー向けで人気が高い。MOT、MSS、MCA は専門的でレベルが高い。

Mの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top