用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【Light Peak】

  • Thunderbolt
  • サンダーボルト
  • ライトピーク

 インテル社が開発し、2011年2月にアップル社のノートパソコンに初搭載された高速インターフェース。

 Thunderbolt(サンダーボルト)が正式名称で、Light Peak(ライトピーク)は開発時のコードネーム。これは当初、導線に光ファイバーを使う見込みだったからだといわれる。しかし、少なくとも初期の規格では銅線が使われている。ただし将来的には、光ファイバーが使われる可能性もあるという。

 最大の特徴は、驚異的に高速な転送速度だ。広く普及した USB2.0 が 480Mbps、それを高速化した USB3.0 が 5Gbps、内部接続に使われている SATA が最高 6Gbps なのに対して、サンダーボルトは当初の規格で 10Gbps、将来的には 100Gbps になる見込み。

 つまり、最初から内蔵ハードディスクの 2倍近い転送速度があり、ブルーレイディスク1枚分のデータ転送も 30秒を切るという。

 なお、サンダーボルトのコネクターは USB など従来のポートとは形状が異なる。そのため、そのままでは互換性がないが、変換アダプター等によって USBやイーサネット、DVI や HDMI といった規格との接続が可能になる。

 さらに、その超高速性を生かして、複数の機器をデイジーチェーン(数珠つなぎ)にして利用することもできる。その際、周辺機器に対して 10ワットの電源を供給することも可能だ。

Lの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top