用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【L2TP】

 L2TP は、Layer 2 Tunneling Protocol の略で、インターネットなどの公衆回線を使って専用回線のような安全な通信を行うための仕組みのひとつ。

 こうした技術を VPN といって、VPN を使えば途中でデータを傍受されて情報を盗まれる心配がない。利用例は大きく分けて、遠隔地にある LAN 同士の接続に使うケースと、自宅や出先から会社のネットワーク等に接続するリモートアクセスがある。

 L2TP は、マイクロソフトが開発した PPTP という方式と、シスコシステムズという会社が開発した L2F という方式を統合したもの。

 Tunneling Protocol は、VPN を実現するためにトンネリングという技術を使い、そのための通信手順(プロトコル)だということを表わしている。Layer 2 は、OSI基本参照モデルの第2層であるデータリンク層で機能するという意味。

 なお、L2TP にはデータを暗号化したり認証を行う機能がない。しかし、IPsec などの技術と組み合わせることで安全性を確保することができる。

Lの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top