用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

L2/L3混合サービス

 地域的に離れたLAN(コンピュータ・ネットワーク)とLANや、手元のLANと遠隔地のサーバー等を相互接続するために、いろいろな種類の通信回線サービスが提供されている。

そのうち、広域イーサネットと呼ばれるものを一般にL2サービスという。また、IP-VPNと呼ばれるものを一般にL3サービスという。L2とL3は、OSI参照モデルのレイヤー2(レイヤ2)とレイヤー3(レイヤ3)、つまり第2層と第3層のことだ。

広域イーサネットを含むイーサネットは、OSI参照モデルの第2層(レイヤー2)で定義されているため、L2サービスと呼ばれる。IP-VPNに使われているIP(インターネット・プロトコル)は第3層(レイヤー3)で定義されているので、L3サービスと呼ばれる。そして、それぞれメリットがある。

L2サービスの広域イーサネットは、IP以外のプロトコルも使用できる。接続用の機器はLANスイッチ等を使い、地理的に離れた複数のLANをあたかもひとつの大きなLANのように運用できる。利用する拠点が少なければ、低予算で導入することも可能になる。

L3サービスのIP-VPNは、通信プロトコルがIPに限定される。また、それぞれのLANが独立した状態でルーターで接続するかたちになる。ただし現在、多くの通信ネットワークはIP方式を利用しているので、既存の機器や資産を活かすならL3サービスが向いているケースも多いだろう。また一般に、広域イーサネットよりIP-VPNの方が安価だ。

しかし、ネットワークの規模が大きくなると、L2サービスかL3サービスか、どちらか一方にまとめるのが難しいケースが出てくる。そこで今は、両者を組み合わせて利用できる、L2/L3混合サービスも提供されている。これを、L2/L3混合型サービスと呼ぶこともある。

この場合、それぞれの回線は、サービスを提供している通信事業者の設備内で相互接続される。利用拠点からL2サービス/L3サービスへの接続は、それぞれのサービスに対応した方式でいい。

Lの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top