用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

L2サービス

  • レイヤー2サービス

 地域的に離れたLAN(コンピュータ・ネットワーク)とLANや、手元のLANと遠隔地のサーバー等を相互接続するために、いろいろな種類の通信回線サービスが提供されている。そのうち、広域イーサネットと呼ばれるものを一般にL2サービスということがある。

L2は、OSI参照モデルのレイヤー2(レイヤ2)、つまり第2層のこと。そのため、レイヤー2サービス(レイヤ2サービス)ともいう。

OSI参照モデルは、複数のコンピュータを相互接続してデータをやり取りするための仕組みを7階層(レイヤー)に分類して定義したもので、情報通信に関する専門知識がないと理解は難しい。

しかし、ケーブルで接続された隣のパソコンにファイルを送るときも、インターネット上のウェブサイトを見たり、電子メールを送受信するときも、OSI参照モデルで定義されたルールに沿って通信が行われている。

OSI参照モデルのレイヤー2(第2層)は下から2番目なので、かなり基本的な部分になる。そして、現在のLANで広く利用されているイーサネットという方式は、この階層で定義されている。

従来のイーサネットを遠距離に対応させた広域イーサネットも、この階層に含まれる。そのため、広域イーサネットは「OSI参照モデルのレイヤー2で定義されたサービス(のひとつ)」といった意味合いでL2サービスといわれることがある。

メリットとしては、レイヤー2の回線であることによって、レイヤー3以上で使う通信プロトコルを自由に選ぶことができる。具体的には、一般にL3サービスと呼ばれる通信回線はプロトコルがIP方式に限定される。しかし、L2サービスならIP以外のプロトコルを使うことも可能。

また、L2サービス(広域イーサネット)で遠隔地のLANを相互接続すると、LAN同士が直接つながるかたちになるので、あたかも全体でひとつのLANのように一括して運用できる。接続用の機器は、LANスイッチ等を使用する。

Lの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top