用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【KVMスイッチ】

 KVM は、キーボード・ビデオ・マウスの略。この場合のビデオは、パソコンなどのディスプレイのこと。

 企業などでコンピュータ・ネットワーク(LAN)を組んでいる場合、サーバーと呼ばれるコンピュータが接続されている。サーバーは、ネットワークの管理をしたり、共有情報を保存したり、目的別に複数台が設置されていることが多い。

 これらのサーバーを管理するときも、その操作にキーボード、ディスプレイ、マウスが必要だ。しかし、それぞれのサーバーに一組ずつ付けておくのはもったいないし場所もとる。

 そこで、キーボード、ディスプレイ、マウスは一組だけで、複数のサーバーを操作できるようにする機器が存在する。この機器を KVMスイッチという。キーボード、ディスプレイ、マウスの接続先を切り替える機器だ。

 ほとんどの KVMスイッチは上記のような目的に使う業務用だけど、数台のコンピュータに対応した安価なタイプは家庭でも使える。たとえば、2~3台のパソコンを持っていて、キーボード、ディスプレイ、マウスは一組で済ませたいといった場合に利用できる。

Kの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top