用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【JSONP】

  • ジェイソンピー

 JSONP は、JSON with Padding の略で、「ジェイソンピー」と発音することが多い。Padding は本来、「詰め物」や「芯」といった意味で、ここでは「本質的ではない追加物」くらいのニュアンスだろう。

 JSON は JavaScript Object Notation の略で、データ記述言語とかデータ交換言語と呼ばれるもの。コンピュータで扱う文字や数字を効率的に保存したり別のソフトウェアに移すための記録方法のひとつで、データ量が少なくて動きが軽快なのが特徴とされる。

 で、JSONP は JSON に別のサーバーに作業を依頼するリクエストのような記号を付加したもの。

 現在のウェブページでは、いろいろ複雑なことができるようになっていて、たとえば今開いているページに別のサーバーから取り寄せたデータを表示させるといったこともできる。ただし普通は、セキュリティの問題で複数のサーバーにアクセスすることができない。これを、クロスドメイン制約という。

 このクロスドメイン制約を解決する方法のひとつして JSONP が使われる。JSONP を使うと、ブラウザーの制約をすり抜けて別サーバーにリクエストを送ることが可能になる。ただし、セキュリティ面は弱いので、重要データのやり取りには注意が必要だ。

Jの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top