用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【JPEG】

  • ジェイペグ

 写真やイラストなどの画像ファイルを保存する形式(画像フォーマット)のひとつ。JPEG形式の画像ファイルには「.jpg」という拡張子がつく。JPEG は、Joint Photographic Experts Group の略で、この規格を作った団体の名前でもある。

 インターネットのウェブサイトに表示される画像は、当初、 gifかJPEG で保存されていることが多かった。そして、写真のように込み入った画像は JPEG を、イラストのようにベタ塗りの多い画像は gif を使うのが一般的だ。

 今は、デジタルカメラで撮った写真も、ほとんどの場合、JPEG形式で保存されている。

 JPEG の最大の特徴は、自動的に圧縮されるので容量(データサイズ)が小さくなること。JPEG形式でデータを保存するときは、どのくらい圧縮するか選ぶことができる。

 その際、高画質を指定すると、画質はいいけどファイルサイズは、あまり小さくならない。低画質だと、画質は悪くなるけどファイルサイズが小さくなる。

 そして一度、低画質で保存したファイルは高画質で保存し直しても画質が戻らない。これを、不可逆という。

Jの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top