用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【Information Rights Management】

  • IRM
  • インフォメーション・ライツ・マネジメント

 Information Rights Management(インフォメーション・ライツ・マネジメント)、略して IRM は、マイクロソフトのオフィスソフト Office 2003 に盛り込まれている機能のひとつ。日本語にすると、「情報の権利を管理する」といった意味。

 最近では、企画書や経理書類など機密性の高い文書をワープロソフトや表計算ソフトで作るだけでなく、それらを電子メールの添付ファイルにして送受信することも当たり前になっている。また、人事情報なども、社内メールや電子掲示板を使って連絡されることが珍しくない。

 こうした状況になって大きな問題となってきたのが、情報の管理だ。重要な書類を添付した電子メールが社外に転送される、書類に勝手な変更が加えられる、重要な部分が他の文書にコピーされる、印刷されて持ち出される、閲覧の権限がない人が見てしまう、といった事態は困る。

 そこで、Office Professional 2003 では、作成した文書を誰が見ていいか、編集していいか、転送や印刷が可能か不可能か設定できるようになっている。また、設定した期日までは閲覧できるけど、それを過ぎると表示できなくすることも可能だ。こうした機能をまとめて、Information Rights Management と呼んでいる。

Iの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top