用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【In-boxドライバ】

  • インボックス・ドライバ

 ドライバは、ドライバーソフトのこと。インボックス(In-box)は「箱に入っている」という意味だけど、この場合はウィンドウズの中に入っている。

 パソコンに部品や周辺機器を追加すると、それに対応したドライバーソフトが必要になる。普通は、その部品や周辺機器に付属している。しかし、ウィンドウズの中にも主な部品や機器のドライバーソフトが用意されている。

 そして、プラグ・アンド・プレイに対応した機器をパソコンに接続すると、ウィンドウズに用意されているドライバーソフトの中から自動的に対応するソフトが組み込まれる。そのため、すぐに機器が使えるようになる。この、ウィンドウズに用意されているドライバーソフトを、インボックス・ドライバと呼んでいる。

 こう書くと、とても便利な感じがするけど、問題もある。たとえば、新しく登場したウィンドウズには、それ以前に発売されていた機器のドライバーソフトがほとんど含まれている。しかし時間が経つにつれて、ウィンドウズよりあとに発売された機器が増えてくる。その結果、新しい機器のドライバーソフトは、ウィンドウズの中にないことになる。

 また、機器に付属のドライバーソフトは、わりと頻繁にアップデートされている。しかし、ウィンドウズの中のドライバーソフトは基本的に新しくならない。そのため、部品や周辺機器を買ったときは、なるべく機器に付属のドライバーソフトを使う方がいい。機器に付属のドライバーソフトを組み込む方法は、機器の説明書などに書いてある。

Iの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top