用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ITモダナイゼーション】

  • モダナイ
  • モダナイゼーション

 ITモダナイゼーションとは、何十年も使い続けられてきた古い情報システムを現在の IT技術に対応させて使い勝手をよくすること。レガシーマイグレーションの発展型として語られることが多い。

 ITモダナイゼーションのことを単にモダナイゼーション、さらに略してモダナイということもある。あるいは、システム・モダナイゼーションなどというケースもある。

 モダナイゼーションとカタカナで書くと意味を捉えにくい。しかし、「現代的な」という意味の modern(モダン)、その動詞形の modernize(モダナイズ)、さらに名詞形にした modernization(モダナイゼーション)という順で理解すれば ITモダナイゼーションも分かりやすいだろう。

 古い情報システムは、メインフレームと呼ばれる大型コンピュータやオフコン(オフィスコンピュータ)と呼ばれる中型コンピュータの中で、汎用性のない独自システムとして稼働していることが多い。

 これを一気に新しい情報システムに置き換えようとすると、時間もコストもかかる。また、これまで積み重ねてきたデータの情報資産としての価値もあるし、仕事の手順を変えるとなると業務効率や組織の問題にぶつかることもある。

 そこで、その情報システムで何をするか、どういう手順で作業するかといった要件定義にあたる部分は変えないで、情報システムのハードウェアやソフトウェアの変更や改修で、現在の IT技術を取り入れて行く。あるいは、現在の IT技術で構成されたシステムに移行させていく。

 具体的には、新たなインターフェースを開発して古いシステムの情報をパソコン用のブラウザーソフト等で使えるようにする(ラッピング)。仮想的なハードウェアを構築して、その上で古いシステムを稼働させる(リホスト)。古いプログラム言語で書かれたプログラムを Java など現在主流の言語で書き換えて行く(リライト)。といった手法がある。

 ITモダナイゼーションには、上記以外の方法も含めて幅広いやり方がある。そして、それらの一部を実行することもあれば、段階的に進めていくこともある。いずれにしても、まったく新しいシステムを構築するより、開発時間とコスト、そしてリスクを軽減できる。

Iの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top