用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ITスキル・スタンダード】

  • ITSS
  • ITスキル標準

 ITSS は、Information Technology Skill Standard の略で、最初の Information Technology は、いわゆる「情報技術」という意味の IT だ。そして通常、ITSS のことを「ITスキル・スタンダード」という。あるいは、一部を日本語にして「ITスキル標準」と呼ぶこともある。

 ITSS は、2002年に経済産業省が定めた、IT技術者の能力を体系化した指標である。一般に、ITスキル(ITの技術)を計る“ものさし”と言われている。

 ひとことで IT といっても非常に範囲が広い。しかも、ITサービスを提供する人材の能力にも差がある。そこで、サービスの種類を横軸に、技術レベルを縦軸に置いて、ひとつの表にしたのが ITSS の姿だ。この表を「スキル・フレームワーク」と呼んでいる。

 具体的には横軸に、マーケティング、セールス、コンサルタント、ITアーキテクト、プロジェクトマネジメント、ITスペシャリスト、アプリケーションスペシャリスト、ソフトウェアディベロップメント、カスタマサービス、オペレーション、エデュケーションの11の職種が設定されている。

 さらに、それぞれの職種が 2~6 の専門分野に分けられていて、専門分野は合計38種類ある。たとえば、ITアーキテクトの中にはセキュリティ、ネットワーク、データサービスなど5種類が、ソフトウェアディベロップメントの中には基本ソフト、ミドルソフト、応用ソフトの3つの専門分野が設定されている。

 そして、各分野がレベル1~7の7段階に分かれている。これは IT技術者のスキルの高さを表すもので、大まかにいうとレベル1~2は指導や管理を受けながら実務をこなせるレベル、レベル3~4は自分の判断で仕事を遂行できるレベル、レベル5~7は指導できるレベル。

 ただし、プロジェクトマネジメントやコンサルタントでレベル1~2というのは考えにくいので、そこは空欄になっている。さらに面白いのは、各レベルの年収の目安を設けていること。レベル1は300~400万円程度で、レベル7は1500万円以上となっている。

 こうした指標があると、IT技術者の能力を客観的に比較できるだけでなく、IT企業が技術者を採用する際の目安になる。また、人材を教育するときも指導しやすい。技術者自身も自分のレベルを把握できるし、スキルアップの目標を立てやすい。

Iの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top