用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ISO20000】

 ISO は、国際標準化機構といって、主に工業製品や科学技術に関連する国際規格を作っている団体。数多くの規格を制定している。

 中でも有名なのが、企業が提供する製品やサービスの品質を高めるための規格である ISO9001 だ。同様に、企業などの活動が環境に与える影響を抑えるために規格化された ISO14001 も普及している。

 ISO20000 は、品質管理規格の定番である ISO9001 をベースに作られた規格で、IT企業のサービスに特化したものだ。

 対象となる企業は、プロバイダー(ISP)、データセンター、ASPサービスを提供している企業、Eコマースやオンラインバンキングを提供している企業、ヘルプデスク、コールセンターなど。つまり、この規格の認定を取得するのは、IT系のサービスを提供している企業、プロ中のプロということになる。

 ISO20000 を取得すると、自社の ITサービスの品質が高いことを客観的に証明できるため、IT企業としての信頼性が上がる。ただし、ITサービス自体の品質を保証するものではなく、管理体制がしっかりしていることを認証する制度である点に注意が必要だ。

 なお、ISO20000 は、イギリス政府が作成した ITIL というITサービスのガイドラインが原点で、それを国家規格とした BS15000 に発展。さらに、2005年11月に国際規格として標準化されて ISO20000 となった。

 なお、これとは別に、一般企業を対象にした情報セキュリティ対策の管理について規定した規格として ISO27001 がある。

Iの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top