用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【IPv6】

  • IPng
  • アイピーブイシックス

 IPv6は、インターネット上で、効率的かつ安全にデータを送受信するための新しい約束事。コンピュータがデータを交換する(通信する)には、プロトコルと呼ばれる約束事が必要だ。

 IPv6のIPは、Internet Protocol の略。つまり、インターネットでデータを送受信するための基本的な約束事を定めたもの。v6は、バージョン6という意味。これまでは、IPv4という方式が使われてきた。つまり、バージョン4だ。IPv6は、すでに実用化が始まっているけど、本格的な普及はまだまだこれから。

 なお、IPv4の次の方式を考えるとき複数の案があって、それらをまとめてIPngと呼んでいた。これは、IP next generationの略。そして、その中から正式に採用されたものがIPv6になっている。

 IPv4からIPv6になって、一番大きな変化は、使えるIPアドレスの数が飛躍的に増えること。IPアドレスは、インターネットに接続されたコンピュータに割り振られた番号で、簡単にいえばインターネット上の住所みたいなもの。そして、これまでの方式(IPv4)だと番号(IPアドレス)が足りなくなるのが目に見えている。

 そこでIPv6では、これまで32ビットだったIPアドレスを128ビットに変更する。なんて書いても、何がどのくらい変わるか分からないと思う。

 32ビットだと、約43億種類の番号に相当する。詳しくは、32ビットについて説明したページの最後の方を見てほしい。しかし、インターネットに接続される機器が増えて、43億では足りなくなってきた。なんたって、世界中で同じルールで番号を割り振っているからね。

 で、128ビットにすると、43億の4倍ではなくて4乗になる。つまり、43億の43億倍の43億倍の43億倍。34の後に0が37個も並ぶ膨大な数だ。これからは携帯電話も、車載コンピュータも、冷蔵庫や電子レンジもインターネットにつながるといわれている。こうした機器ひとつひとつにIPアドレスを割り振っても、これだけあれば心配ない。

 このほかIPv6になると、データを暗号化して送れるので安全性(セキュリティ機能)が高まるとか、より効率的にデータを転送できるとか、たくさんのメリットがある。

 一方、デメリットというか不便な点として、今使われているIPv4対応の機器やソフトをそのまま使うことができない。といっても、あるとき突然、全面的にIPv6に切り替わって、機器やソフトを買い換えないとインターネットに接続できなくなるといったことはないはずだ。また、トンネリングという技術を使うと、IPv4形式のデータをIPv6で送ったり、IPv6形式のデータをIPv4で送ったりすることもできる。

Iの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top