用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【IPS】

  • 不正侵入防御システム

 IPS は Intrusion Prevention System の略で、日本では「不正侵入防御システム」と呼ばれる。

 企業や大学、研究機関などのコンピュータ・ネットワークは、ファイアウウォールという装置で外部からの不正アクセス等から守られている。ファイアウォールは防御壁、企業や大学の門番みたいなもので、外部の不審者が入らないようにチェックしている。

 しかし、それでも通常のユーザーにまぎれて、不審者が侵入してしまうことがある。その場合の対策も考えておかないといけない。

 不正アクセスした侵入者は、ネットワークの内部でさまざまな悪事を働こうとする。だから最近は、その動きを検知する、IDS というシステムが導入されていることが多い。

 しかし IDS には、不正や異常を検知して、それを記録したりシステム管理者に通報する機能しかない。それだとシステム管理者が対応するまでの僅かな時間に、被害が拡大する恐れがある。

 そこで最近は、異常を検知したら自動的に通信を遮断する IPS が普及しつつある。不正侵入や、情報システムを攻撃するパケットには一定のパターンがある。だから、そのパターンと比較して、不正や攻撃の可能性があると判断した場合は自動的に通信を止める。

 IPS には、本当に不正アクセスや攻撃か分からないけど「疑わしい場合は通さない」という予防的な効果がある。

Iの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top